2004年10月26日

南への旅 〜バス〜

売店でちょこっとした買い物をすませてバスへと向かった。
バスは結構大きい、もちろんそれは寝台だからだ。
だが一つ気になることがあった、
発車時間が迫っているのに客がバスに乗ってないのだ、

中国だけではないのだが、アジアの国では主要交通路線としてバスも筆頭に上げられる。
だがこのバス、時に客が一杯にならないと走り出さなかったりもするのだ。
それを考えるとちょっと困った、このまま一杯にならないとはしりださないのではないだろうかと・・・続きを読む
posted by だーしゃ at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | バックパッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南への旅 〜「瓜子」〜

これからの行き先を決めようと思案していたり、
中国の地図を眺めていたりしてるうちにバスの発車時刻が迫ってきていた。

荷物を持って移動し始める
そして「北京〜泰安」行きのバス発着口を探し始めた。

ここ北京南バスターミナルは規模で言うとそんな大きな方ではない、
「中」ぐらいかな、

だから全てのつくりがシンプルでわかりやすかった。
続きを読む
posted by だーしゃ at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

南への旅 〜時間つぶし〜

泰山へと行くにはまずそのふもとの町「泰安」にいかなくてはいけない。

チケットを買って出発までの時間を潰す、
バスターミナルへは早く付いたものの、
泰安行きのバスは9時にならないと出ない。

朝一で出発できたらいいなぁと思ってはいたが、
そううまくはならなかった。
だから旅は楽しくなるのだ。

続きを読む
posted by だーしゃ at 16:49| Comment(4) | TrackBack(0) | バックパッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

南への旅 −北京南バスターミナルー

AM:5:00 北京南バスターミナル

5月の朝、まだ太陽が上がっていないせいか肌寒い
いちおここ北京の緯度は東北ぐらいの位置にあるのだ。

周りにはどこからか次第に人が集まってくる。
いつのまにか朝ご飯を売る屋台がちらほら出現して始めている

そこへ朝起きた人々が群がり始めていた
遠目に屋台から暖かそうな湯気が上がっているのが見える。

僕は何が売られているのだろうかと気になってきた。
実際僕は朝起きて寮から飛びだして来たので何もおなかに入れてなかったのだ。

早速屋台を物色しに行ってみた。続きを読む
posted by だーしゃ at 16:41| Comment(9) | TrackBack(0) | バックパッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

南への旅 

僕が中国留学している頃のお話。

中国では10日ほどの巨大連休が年に2回存在する。
それはもちろん僕ら留学生も一緒だった。
僕はその時南へ旅してみたくなった。
中国は広い。
まだ見ぬ地へ。

そして今回はちょっとばかり制限をつけてみた。
それは果たして一万円で中国のどれぐらい南へと行く事ができるだろう。
そう思って。

それは単純に「中国と日本の物価の差が極端」だから多分遠くまで行く事ができるだろう
そう思っていた。

出発は北京。もちろん中国で一番安い移動手段といわれている長距離バス。
朝早くから留学生寮から出発する。まだ日も上がっていなかった。
大学の正門からでる、誰もいない静かな北京の朝。
僕はとりあえず流しのタクシーを見つけた。
手を上げて止める。
そしておじさんに告げる。

北京の南バスターミナルまで・・・と。続きを読む
posted by だーしゃ at 15:15| Comment(4) | TrackBack(0) | バックパッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

田口ランディさんへトラックバック!

東京から帰ってきてぼちぼちとBLOGの巡回を始めたのですが、
その時に田口ランディさんのBLOGで僕のトラックバックにお答えしていただいてるじゃないですか!?

■おしらせ

ランディさん超嬉しかったです(^^)ありがとうございまっす!!
そしてその中でいちばんびっくりしたのは諸見里剛さんのシーサーをお持ちだって事!!
というか僕はそのつよしさんのお父さん
諸見里安繹さんと知り合いですよ(=^^)9イェー!
正しくは中学生の頃の美術の先生なんですよね。
今でもちょくちょくお会いしてますっ。
剛さん本人とはあまり面識はないのですが、
うちのおかんが知り合いだったりします。
なぜかと言うと僕の親父が陶芸家なので(HP)
恩納村の陶芸家繋がりと言う事で。。。
あまりにも意外な近さに驚きました!!

そしてカラカラにも執筆なさってるんですね!
沖縄の雑誌なのであまり見たことなかったので知らなかったのですが、
これはさっそくチェックしなくては!!

そしてくーすBARカラカラ
僕は恩納村民なのでなかなか那覇まではでないのですが、
ココはいい感じのBARですね〜。今度那覇の友達と行ってみたくなりました!
いい所を教えていただきありがとうございまっす(^^)!

しかし、今田口ランディさんは不眠に悩まされているみたいです。
確かにあまり眠れない時ってたまにありますよね。
頭のどっかが朝まで起きてるような。。

そういう時僕は開き直って頭を空っぽにします。
【無】をイメージするんです、色も音も匂いもない世界を。
物理学で宇宙の始まり『ビックバン』より以前は【無】の状態だったとあります
これがいったいどういう状況なのか、何もない状態というのをイメージする。。。

するといつのまにか「くぅくぅ(−−)zzZZ」と寝ちゃうんですよね。(爆)
まぁそんな事を考えながら寝るのは僕ぐらいかもしれないですけど(^^)
しかしお仕事お忙しいかもしれないですが、
あまり寝られないというのは心配なので試してみてください〜

とか書いてる間に新しい記事が!?

■オニババ化する女たち

なるほど!「そもそも女は次世代を残すというエネルギーをもっている。」
と言うのは納得ッス!
それが倫理観念とかなんだかんだで「抑圧された性的なエネルギー」となるのかなぁ。
男とチガウからそこら辺は不思議ですね〜。

そして子供達が人にぺたぺたさわるのはきれいなオーラが出てる人とかなんだぁ。
いいオーラは確かに人をひきつけますよね。
楽しい人とか、綺麗な人とか。

やっぱりランディさんの話はおもしろいなぁ(^^)

posted by だーしゃ at 10:21| Comment(25) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

gooblog、コメント通知機能について

さぁ裏よっしゃーは全く沖縄から離れ初めていますが・・

今回はGooのコメント通知機能について
僕は使ったり使わなかったりしてるのですが、
この通知機能を携帯に設定すると便利ですよね.
トラバ&コメントがBLOGに入るとわかるので。
しかしこれ自分のコメントとかは正直いらないですよね(^^;
そこで今日偶然なのですが、その解決方法がありました。
コメント通知をONにしながら、通知されないようにコメントする方法。

これ以外と簡単ッス!
まずコメント欄を一度空投稿するんですよ。
するとなにも反映されないでコメント欄に戻ってくるとおもうんです。
その次に書きたい事を書いて投稿。
すると「HTTP NOT FOUNG」状態になるんですが、
そのコメント自体はちゃんと投稿されている。
しかし、コメント通知は送られてこない。
これを使えば任意にコメント通知を拒否できます。

いちお僕自身は動作確認したのですが、
ほかの人も一緒でしょうかね〜?

スタッフBLOGにトラバすると修正されそうなので
このまま放置いたすます。

posted by だーしゃ at 11:05| Comment(43) | TrackBack(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランディさんへトラックバック!!

先日エントリーした時にお伝えした田口ランディさんのBLOG
毎日見ておりましたが一日一記事づつアップされていまっす。
しかし気になったのがせっかくあるトラックバック機能、今のところ僕以外やってないみたいなんですよ。
もっとBLOGGERの方々に知ってもらえればたくさんトラックバックはいるのになぁ。。。と思ったり。
MyBlogListやBlogPeopleに登録したりはしてないのかなぁ。
そしてやはりBLOGの楽しみは双方向性にあるので僭越ながら一ファンとして今日もトラックバック。

僕の個人的な感想で僭越なのですが。。。

■石と話すには
まず驚いたのはアシリ・レラさんは石に語りかけると。
しかしアシリ・レラさんはアイヌのシャーマンなので僕は納得!
だって沖縄のユタさんに近い人、僕の知り合いにいるんですが、似たような事しますもん。その人が例えば宝石とかに語りかけるとびっくらするのですが、宝石の輝きが増すんです。
僕的には全く意味がわからないのですが、きっと似たようなものなんだろうなぁと(笑)
そして「石を信頼して歩く」と言うもの。
人間だって信頼されてない状態で一緒に行動するといやですよね〜。
それといっしょなのかなぁ?
だからむしろ石が起こって滑らすのかも(笑)


■ヒーラーってなんだ?
このインディアンの方はちょっとおもろいっすね!
自分中心でやってるとは〜。
世の中色々な方がいるんだなぁと再確認。
治療者の自覚のある人は、自分をヒーラーとは名乗らないと思う
というのは納得。
沖縄でも自分から「ユタです」と名乗る人はあやしいっすもん。

■屋久島紀行、そして虫
新潮社のHP,早速拝見しました。
山下大明の綺麗な写真、飛行機の中のわくわく感、是非みたいですねっ
そして屋久島が「南海の洋上アルプス」と呼ばれているとは思いませんでした。
HPでは続きが切れているので是非読んでみたいですっ(^^)

そして宅間死刑囚と虫の話。。。
これもきっと昔からいるのであれば、悪霊とか黒い精霊とかそこらへんのジャンルになってくるんかなぁ?
でもあまりにも現実味が。。。
母のおっぱいから免疫をもらうってところが妙に納得しそうなので怖いッス。

一沖縄人的な僕の感想でした。
読んでもらえるかわかりませんがトラックバック!!
posted by だーしゃ at 09:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

最近かなり欲しいもの

いつもネットを見ていると突発的に買いたいものがでてきます。
しかしかえるわけじゃないですよねぇ。

今日は携帯用キーボードがほしぃ!

Rboard for Keitai RBK-310C

これがあればどこでももブログできちゃいそうです!
そしてコンパクト!
バタフライ機構を見るとなんだかわくわくしますね!↓
http://www.reudo.co.jp/rboardk/butterfly.html

しかしお値段が高い。。。
¥13,532 (税込)

5000円ならかうのになぁ。
posted by だーしゃ at 13:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

田口ランディさんのBLOG。

今日BLOG界の出来事で田口ランディさんのBLOGをみつけました。

田口ランディブログ:アメーバ的日常

とても懐かしい気持ちになりました。
なぜならもう3年前ぐらいになりますが、
僕がヨーロッパを放浪した後アメリカに渡った時、
田口ランディさんがMSNジャーナルで執筆なさっていたのをよく読んでいたんです。
そこにはアイヌの話や、わが故郷沖縄の話などが書かれていました。

その時の僕は日本から2年ほど遠ざかっていたので
日本語の活字を読みたくて読みたくてしょうがなかったんです。
そしてランディさんが書く色々な事はほんとに不思議な感じがしました。
沖縄の事なんかになると懐かしくてしょうがない。
それで毎日いつアップされるかなぁと楽しみにしていたんです。
でも田口さんがMSNジャーナルを辞めてしまったのをきっかけに読む機会が少なくなりました。

そしたら今日ひょんなところでBLOGを運営なさっている。
これは正直うれしかったですね。
これから楽しみにしております。

今は新潟に行かれているらしいです。
そしてMSBジャーナルをやっていた時に読んだアシリ・レラさんと一緒に。

確か僕のつたない記憶をたどるとMSNジャーナルに載っていたアシリ・レラさんの言葉に

「人は天と地を結ぶために祈るんだよ」

というのがあったと思います。
あまりに前の記憶で違うかもしれませんが、
ただその言葉を聞いてなるほどなぁと思いました。
その前後の文章や記事を読んでいたのでそう思ったのかもしれませんが、
とにかくすごいなぁと思ったのは忘れていません。。

次の記事、どのような話になるのか
ほんとに楽しみです。

というわけでトラックバックを発射!
posted by だーしゃ at 20:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。